FC2ブログ

山籠りにいきます

長野県の上田市(主に上小漁協、犀川漁協、犀川殖産)を中心としたルアーフィッシングや、旅、スノーボードの記録。

犀川殖産 虹を求めて

10/11(月)。

以前記事で書きましたが、今年から通年解禁になった
犀川殖産漁協のモンスターレインボーを求めて犀川に行きました。

私は本流での釣りは殆ど経験が無く、
この日の目的は『本流での釣りが一体どんなものなのかを知る』といった所でしょうか。
まずは、上州屋で道具を揃えなければ始まりません。
上小の依田川での経験上、個人的にはニジマスはスプーンが一番だと思っているので
10~13gほどのデカいスプーン&7cmのディープダイバーを購入。
大物釣る気満々だったりする

ラインは…悩んだ末に6ポンドを購入。ロングキャストしたかったので。

ここで1日券も購入しました。600円は良心的。かな
CA3H0781.jpg
やったるぜ。

今日は、犀川殖産漁協の管轄区の犀川の全貌を知るために
長野から国道19号を犀川沿いに上流へ上流へと車を走らせました。

めぼしいポイント、釣り人が多い場所を見つけ
次回以降の釣行の参考にするためです。

下流の方はあまり釣り人が居なかった印象。
皆さん上流のC&R区間に入っているのかな。

そんなこんなで割りと上流の方に来てしまい、
良さそうなテトラポット地帯&湾曲した淵?を見つけたのでそこで竿を出してみることに。

入川時間:11時50分
場所:犀川本流 犀川殖産管轄区の割と上流の橋付近
気温:20度
水温:適温
水質:うっっすらと濁り
水位:多分+20cmくらい。多い。


CA3H0783.jpg
いかにも、なポイントに見えますが…さてどうでしょう。

今回は、大規模本流と言うこともありいつもと異なるタックルです。
竿:6.6ft ライトアクションのバスロッド
リール:いつものDAIWA謎のリール。ウルトラハイギア(ギア比脅威の6.2:1!だっけ)超昔のものです

このバスロッドは、60オーバーの雷魚やらコイの突進も平気でいなせるパワー&実績がある、
昔から愛用しているパワフルな相棒。

こいつにスプーン13gを結び、対岸目掛けてフルキャスト!!
うーん気持ち良い!そして滅茶苦茶飛ぶ 笑
しかし、犀川の流れは予想を遥かに上回る強烈で押しの強い流れ。
即流されてしまう…1投目はスカ。こりゃ厳しそうだ。

暫くキャストしていると、上流からカヤックが下ってきた。
おー、楽しそう!写真をパシャリ。
CA3H0784.jpg
アレ…1人変な方に行くぞ

CA3H0785.jpg
『おーい!そっちじゃねぇよ!』というコーチの声 笑

CA3H0786.jpg
目の前でUターンして戻っていきました。

コーチが、『済みませんね!初心者なものでね!』と遠くから声をかけてきたので、
『いいですよ!』と返事しようとした所、噛んでしまい
『イエス!!』とめっちゃ大きな声で答えてしまいました。
非常に悔やまれます 笑
なんであいつ英語?って思われたんだろなー…恥ずかしい

CA3H0787.jpg
カヤックで楽しむ人、左側にはすっぽんぽんで水遊びする子供とその親。
色々な人たちが、様々な形で犀川を楽しんでいるんだな。
心が和む景色でした。

CA3H0788.jpg
足跡も沢山。人、鳥、犬、狸?。
人だけでなく、多くの生き物がこの犀川と共に生活しているようです。


一方釣りはというと、新品のルアーを3つロスト。。
唯一のチェイスは推定20cmほど、D-コンで乗せた!と思いきやバラシました…
ダウンだと乗せられない人です。

こりゃ駄目だということで、場所移動。

入川:15時過ぎ

CA3H0790.jpg
この辺りは釣り人が多く、餌・ルアー・フライマンが居ました。
てことは割りと良いのかな?

しかし…アタリどころかチェイスすら無し。
ダウンで流してた時の感触は、アタリだったのか水草だったのか…

ここで心が折れてゲームオーバー。
犀川デビュー戦は、ホロ苦のボウズに終わりました。


上田への帰り道は、平ダムから差切峡を通り麻績へ抜けるルートで
50分ほどで着きました。案外近いです!

【今後の方針】
犀川へは、魚ではなく『ロマン』を釣るために通ってみます。
いや、魚釣りたいですけどね 笑
関連記事

0 Comments

Leave a comment